中学1年 理科Ⅱ 「ヒトのほほの細胞の観察」

 

 中学1年生は細胞のつくりについて学びました。通常1つの細胞には1つの核があります。その核の中には生物の特徴を決める大切な遺伝子が入っています。今回は「カナダモの細胞の観察」と「ヒトのほほの細胞の観察」の2本立てで行いました。両者を酢酸カーミンで染色し、核を見やすくしたのですが…、欲張りすぎたのか、あんまりうまくいきませんでした(反省)。まあ、綿棒ゴリゴリは記憶に残ることでしょう。

 

                まずはカナダモの観察です。       葉を一枚切り取ります。



               皆さん手際が良く素晴らしい。      あんまり染色できませんでした。



                   「綿棒ゴリゴリ」です。        ほほの細胞をのせます。



                     ゴリゴリ。                       ゴリゴリ。



                      あ~ん。                            ん~。



                  さらにゴリゴリ。                     あ~ん。



              ゴリゴリ、ゴリゴリ。                  とれたかな~。



                さあ、観察します。                   なかなか難しい。



              よく探しました。                  こんなのが見えるはずだったんですけど。

                                                      (過去の観察画像)



 


HOME » 新着情報
ページトップへ