高等部4年 生物 課外授業 「ミクロメーターの使い方」

 

「ミクロメーター」とは肉眼では見えない小さなものについて、顕微鏡観察をしながら大きさを測る道具のことです。接眼ミクロメーターと対物ミクロメーターの2つのセットを顕微鏡に装着し、目盛りを算出し測定します。今回はグミのりん毛の長さを測定しました。

 

    接眼ミクロメーターを取り付けます。   接眼レンズの中です。

     

       1目盛りの大きさを算出します。             目盛りを合わせるのが難しい。       

 

      ピッタリ合う2ヶ所を探します。        男子の密集地帯です。

         

          中3でたくさん顕微鏡観察したので、みんな大変上手です。    

   

          グミのりん毛の観察です。                横から見て近づける(完璧)。

                        

    最後は顕微鏡の掃除をしました。      顕微鏡さん、1年間ありがとう。

 


HOME » 新着情報
ページトップへ