高等部4年 生物 「デヒドロゲナーゼの実験」

 

 デヒドロゲナーゼとは脱水素酵素のことであります。

ほとんどの生物にあるミトコンドリアの中で、せっせと基質から水素をはぎ取る酵素です。

今回はその働きを見る実験をしましたが、気泡として発生しませんので、青色のメチレンブルーと結合させ、色の変化によって反応を確認しました。

 

 

                                   試薬を準備します。                           40℃のお湯も準備します。

                          メチレンブルーをたらします。               根気よく溶かします。

                          ガラス器具にワセリンを塗ります。         ぬりぬり。

                            反応液を器具に注ぎます。             ツンベルグ管といいます。

 

                                続いて脱気をします。             アスピレーターで空気を引きます。

 

                                        常温で沸騰します。             酸素を除去するためです。

                                        元はこんな色です。             こんなに色が消えました。

                               空気を通じると色が戻ります。     美しい実験です。


HOME » 新着情報
ページトップへ