中学3年 理科S「電子顕微鏡観察~日立理科教育支援活動~」

 

 今回は、日立ハイテクノロジー理科教育支援活動のプログラムを利用して中学3年生を対象に電子顕微鏡を用いた授業を行いました。

電子顕微鏡というと大学の電顕室にある大きな装置を想像しますが、なんと日立が開発したMiniscopeRTM4000Plusは持ち運び可能で、実験台の上に設置できるほど小型です。

さらに、サンプルをセットしてわずか3分で簡単にクリアな画像が得られます。

後半に当日観察した画像を載せています。

 日常では見ることのできない極小の世界を観察しました。理科に対する関心や探求心がさらに高まることを期待します。

 日立ハイテクノロジーの皆さん、ありがとうございました。

 

       これが電子顕微鏡装置です。           説明をしてくださった二村氏です。



             装置の内部の説明です。                     中は複雑な作りでした。



                 下から検出器をのぞきます。               興味津々です。



            先に光学顕微鏡で観察します。                ラットの腎臓の断片です。



    実際に操作をさせてもらいました。        初めてでも簡単に操作できます。



                 いよいよ画像が出ます。                        待ち遠しい3分間です。



              でました。腎小体です。                      これは生徒の髪の毛です。



             腎小体にひしめく赤血球です。          フィブリンに絡まる血球です。



                              ハエの複眼です。                          チョウの鱗粉です。




HOME » 新着情報
ページトップへ