高等部5年 理系生物 「原腸胚のモデル作成」

 

 高等部5年生は生殖と発生について学びました。「発生」とは受精卵が個体を完成するまでの過程のことです。カエルの発生はその基礎ですが、この「発生」という分野は近年の遺伝子発現解析技術の発展や、ES細胞iPS細胞の発見によりメカニズムの解明が進み、注目を浴びている分野です。入試でも頻出です。

 さて、今回は紙粘土を使って、カエルの初期発生段階である原腸胚のモデル作成に挑戦しました。より立体的なイメージを身につけることができたことでしょう。

 

 

                    紙粘土をこねます。             楽しそうです(高校2年)




着色し、パーツを作ります。外胚葉(青)中胚葉(赤)内胚葉(黄)です。


                       さあ、切断します。                     パカッ!!



                                       集中して~、パカッ!!



                 割れました、成功!                     割れました、成功!



                       割れました、成功!              みんな成功でした。



                           人数は少ないけど、理系生物がんばろうね。


 


HOME » 新着情報
ページトップへ