中学3年 理科S「カタラーゼの実験」

 

 中学3年生は酵素について学びました。酵素とは生体内で起こる化学反応を速やかに進める触媒作用を持つ物質です。

今回はその一つであるカタラーゼ(過酸化水素分解酵素)の反応を行いました。

過酸化水素(別名オキシドール)を分解すると、水ができ、酸素が発生します。

火のついた線香を入れると炎を出して燃える、とても美しい実験です。

 

                                                実験準備です。                        ピペットを使います。

                                         2㎖量り取ります。                         手がプルプルします。

                       加熱した二酸化マンガンです。                    一粒取ります。

                                          肝臓片を入れます。                     過酸化水素を入れます。

                                      線香が火をあげます。                      成功のようです。

                         酸素発生を実感できたかな。                       手をたたいて喜んでいました。


HOME » 新着情報
ページトップへ