高等部6年 理系生物「DNAの電気泳動の実験」

 

 高等部6年生はすでに教科書の内容を終えています。今回は入試に頻出であるDNAの制限酵素による切断と、電気泳動を行いました。λDNAという長いDNAをBamHI、EcoRI、HindIIIという3種類の酵素で切断しました。様々な長さのDNA断片ができたことを確認するために、アガロースゲルを用いて電気泳動を行い、染色液で可視化しました。

 入試問題演習で何度も解いたことのある実験ですが、実際に触れるとより理解が深まるものだと思います。がんばれ、6年生。

 

                      ピペットマンにウキウキです。                                 3μℓを量り取りました。

                           蒸留水を使用します。                                   アガロースを量り取ります。

                                     緩衝液を作成します。                               これは脱色液です。

                    DNAサンプルロード中。                                        1mmの溝に流し込みます。

                      集中してしないと、                                                  漏れちゃいます。

                              老眼が進むと、                                                 厳しい作業です。

                                                                実験結果です。


HOME » 新着情報
ページトップへ