【全学年】JR学割証について〔事務室より〕

ゴールデンウィークや夏休み等に、大学のオープンスクールや帰省等、JRを利用する旅行を計画しているご家庭も多いかと思いますが、「学校学生生徒旅客運賃割引証(JR学割証)」が必要な場合は、中学生は中学校事務室、高等部生は学園高校事務室へ、早めに余裕をもって申請してください。

なお、事前にJRや旅行代理店等で、本学割適用後の料金と他の割引チケット等の料金との比較検討をお忘れなく。

 

ダウンロード、印刷して使用できます。(新しいウィンドウまたはタブが開きます。)

(中学生のみ)

・中学校申請用紙(PDF版):JR学割申請書(尚学館中学校)A4版

(印刷は申請書の面のみで可。裏面はよくお読みください。)

 

(ご注意ください。)

 事務室(中学、高校とも)は、次の期間は証明書発行等、全窓口業務を行いません。

・ゴールデンウィーク:平成31年4月27日(土)~令和元年5月6日(月)

・夏季休業(夏休み):7月21日(日)~8月19日(月)

 

「JR学割証」は、旅客鉄道株式会社(JR各社)が指定した学校の学生・生徒が、旅客鉄道株式会社(JR各社)の営業キロで100キロメートルを超える区間を乗車する際に、運賃が割引になる制度で、次のとおり「使用目的の範囲」が定められています。

 

「学校学生生徒旅客運賃割引証取扱要領(一部抜粋)」

2.使用目的の範囲

使用目的の範囲は、制度の趣旨に鑑み、学割証の発行は、原則として次の目的をもって旅行をする必要があると認められる場合に限る。
(1) 休暇、所用による帰省
(2) 実験実習並びに通信による教育を行う学校の面接授業及び試験などの正課の教育活動
(3) 学校が認めた特別教育活動又は体育・文化に関する正課外の教育活動
(4) 就職又は進学のための受験等
(5) 学校が修学上適当と認めた見学又は行事への参加
(6) 傷病の治療その他修学上支障となる問題の処理
(7) 保護者の旅行への随行

 

●日本学生支援機構サイトより(新しいウィンドウまたはタブが開きます。)

学校学生生徒旅客運賃割引証取扱要領

学割証の取扱に関するQ&A



ページトップへ