HOME »

「尚学館だより(第112号)」を発行しました

2016 年 1 月 30 日 土曜日

 「尚学館だより(第112号)」平成28年1月25日号を下記発行しました。

 

ご一読下さい。

 

                    

 

高等部1年 生物「ミクロメーターによる核の大きさの測定」

2016 年 1 月 29 日 金曜日

 模試をひかえた高等部1年は、入試に頻出である「ミクロメーターの使い方」を学びました。顕微鏡で見える小さな世界の小さな構造の長さを測る道具です。今回はタマネギの核の大きさを測定しました。

 

 結果は小さい値で15μm、大きい値で30μmと算出されました。資料集によると、「種類によって異なるが、直径が3~10μmの球状、またはだ円状の構造体で・・」と説明があり、どうやらみんな、立派な核を見たようだ、という結論になりました。

 

 

    実験準備です           まずはプレパラートの作成です

 

 タマネギの内側の薄皮を使います         結構、匂います

 

 5mm×5mmの切れ込みを入れます     ミクロメーターをセットします

 

 接眼ミクロメーターの目盛りを算出    接眼ミクロメーターと核の様子です

「尚学館中学校 後期入学試験」 のご案内 ~夕刊デイリー新聞広告から~

2016 年 1 月 28 日 木曜日

 「尚学館中学校 後期入学試験」につきましてはすでに去る1月26日の本ホ-ムペ-

 

ジでその募集要項を案内しましたが、昨日の夕刊デイリ-新聞に広告として載せたもの

 

を下記、再記載しておきます。

 

 

平成27年度 「新春校内書き初め大会」

2016 年 1 月 27 日 水曜日

 1月23日(土)に中学1、2、3年生全員が新春恒例の「校内書き初め大会」に取り

 

組みました。学校で用意した半切り習字用紙に各学年とも真剣に筆を運んでいました。

 

 尚、今年の書き初めの書写課題は1年が『不言実行』と『清新の気』。2年が『自然

 

の神秘』と『信念を貫く』。3年が『無限の可能性』と『感動を大切に』です。

 

 

 

平成28年度【後期】募集について

2016 年 1 月 26 日 火曜日

平成28年度【後期】募集を、次のとおり実施いたします。

 

・募集人員:30名程度

・試 験 日 :2月11日[木] 建国記念の日

・出願期間:平成28年2月1日[月]~2月9日[火]

(窓口受付 平日:午前9時~午後5時、土曜日:午前9時~午後1時)

・試験科目:作文・算数(各45分)

 

※詳細については、こちらをご覧ください。(新しいウィンドウまたはタブが開きます。)

平成28年度生徒募集要項のページ

 

入学願書【後期】のご請求は、0982(21)1168 尚学館中学校へお電話をお願いします。

毎月第3水曜日は「生徒専門委員会」開催

2016 年 1 月 26 日 火曜日

 本校では、学校生活をできるだけ生徒達の力で運営していくために、各役割が与えられている専門委員会を組織しています。

 

 毎月の第3水曜日は中学1年生から高等部3年生までの専門委員が集まり、連絡や検討事項の話し合いを行います。以下は各専門委員会の委員と、リーダーとなる専門委員長の紹介写真です。

 

 

体育委員会「イチ、ニ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、ハチ・・・。健康のために皆さん

      も体操をしましょう」

   

 


保健委員会「健康観察簿を運ぶのが僕たちのルーティーン!」

   

 

学習委員会「年に一度の百人一首大会の準備や、各学年の学習目標をたてる等の活動を

      しています」

   

 

実行委員会「烔眼をもって取り組む」

   

 

美化委員会「ゴミ捨てこそが我らの使命」

   

 

図書委員会「TGK(図書だよりがんばって書いてます!)」

   

福岡大学主催 「第11回全国高校生川柳コンクール」~入賞作品~

2016 年 1 月 25 日 月曜日

 福岡大学主催の「第11回全国高校生川柳コンクール」で以下の2作品が入賞しましたので紹介します。

 

  〇 入 賞   6年 篠村安里沙さん 「厳格な 父の自室に AKB」

  〇 入 賞   6年 前田貴大君   「兄帰省 会わない間に 標準語」

 

二人より受賞にあたってのコメントが寄せられました

 

  篠 村 さん:長い間共に暮らしてきてはじめて自分の父親が AKBの「ヘビー

        ローテーション」のような歌が好きで あることを知った時の衝撃を

        川柳にしました。

       前  田  君:賞受賞 皆がからかい やや苦笑

 

 

            写真左から前田君、篠村さん

        

 

高等部2年生 「総合的な学習の時間」~学部学科研究~

2016 年 1 月 23 日 土曜日

 高等部2年生は「総合的な学習の時間」を利用して『学部学科研究』に取り組みました。具体的には、夏休みや冬休みを利用してできるだけ多くの大学のオープンキャンバスに参加し、そこで出会った大学生に直接インタビューしてデータを集める形式で行いました。

 

 尚、今回は、自らの志望校にとらわれず、興味ある学部を手分けして分担しデータを収集しました。今般、それらを一冊にまとめ、2年生全員に配布しました。今後の進路選択に役立てて欲しいと思います。

 

 

                データ例1

 

                データ例2

 

                冊  子

        

 

中学3年「国内修学旅行事前学習」

2016 年 1 月 22 日 金曜日

 中学3年生は3/3から4泊5日の国内修学旅行をおこないます。まだ2ヶ月前ですが、この修学旅行を学びの多い充実したものにするため、LHRの時間をつかって事前学習を行いました。

 

 今回の事前学習の目的は修学旅行3日目の京都市内自主研修のルート作成です。自主研修では1日中、自分たちだけで京都市内を観光して回ります。そこで旅行会社の方をお招きして、ルート作成の説明を受け、班で話し合いをすることにしました。「大学を一つ訪問する」ということを課題にしています。どんな研修ルートができるのか楽しみです。

 

 

 旅行会社の方から説明を受けます      みんな真剣に話を聞いています

 

  地図を開いて観光地を調べます        みんなの行きたい所を出し合います

 

   この班、大丈夫でしょうか      昼食も含めて、ルートを作ります

 

   ちょっと疲れてきました         バスの1日乗車券を使います

 

 現地での4:30のホテル集合完了に、     ちゃんと戻ってきてね

市選抜トレセンに4名選出さる

2016 年 1 月 21 日 木曜日

 日本サッカーのユース育成の中心的役割を果たしているのが「トレセン制度(通称トレセン):ナショナルトレーニングセンター制度」です。

 

 尚学館中学校サッカー部の4名の生徒が、延岡市中学サッカートレセンチームに選抜されました(中1年から2名,中2年から2名)。中学1年生がU-13対象、中学2年生がU-14対象です。

 

 選抜されたのは中学1年の公文健登君と伊東玲眞君、中学2年の貫仁志君と北林紀一朗君です。この4名は、1月10日(日)高原町総合運動公園グラウンドで行われた宮崎県トレセン交流会に参加し、宮崎県の各地区から選抜されたトレセンチームと対戦し活躍しました。

 

市選抜トレセンに選ばれた4名を代表して北林君から以下の決意が寄せられました

 

 「僕はボジションがボランチなので、まず運動量を増やし、攻守の切り替えを早くしたいです。そしてトップの選手にシュートしやすいボールを多く出して、市選抜トレセンチームの勝利に貢献したいです」

 

 

          写真左から貫君、北林君、公文君、伊東君

 

 

 


ページトップへ